アクセスカウンタ

九州の城館と史跡紀行

プロフィール

ブログ名
九州の城館と史跡紀行
ブログ紹介
九州の城跡紹介ブログです

九州を攻める方の役に立てば幸いです。

現在鋭意製作中....

豊後国中心です

主に九州の城館、史跡をまとめていきたいと思います。


   県別

大分県


福岡県


佐賀県


長崎県


熊本県


鹿児島県


宮崎県


その他


<<攻城履歴>>
zoom RSS

長岩城その3

2013/07/07 21:22
長岩城その3

<<長岩城その2

(レポ続き)
沢の分岐から左側へ

画像


左側にいくと緩やかな斜面。
その斜面を登っていくと陣屋が現れる。
画像

画像


陣屋の守備が弛過ぎやないかって?ノンノン!!

陣屋の両脇の高台には砲座が2基備わっています!!すげー!!
まずは陣屋を正面に見て右側にある砲座。↓
画像

画像


砲座から見る陣屋がコレ!!
陣屋に近づく敵はこの砲座から撃退!!
画像


向かって左側の砲座がコレ!
画像




狙撃台がついた陣屋初めて見たよwwww



陣屋を通り過ぎて奥。
登っていきます。


この上に弓形砲座と銃眼のある石積み櫓があるはず.....

なっ何ーーー!!! Σ(゚Д゚;)!
画像


はしご......

hashigo....


よし!登る!初めて来た時は一人だったから怖かったよー
2回目のオフ会で初めて石積み櫓までたどり着けました(笑)


はしご登って、細い道通って、はしご降りて、細い尾根通って....

で辿り着くのがこの銃眼のある石積み櫓!!!

画像

画像

画像


この櫓、断崖絶壁の細い尾根の先にあるので、攻撃の拠点としての櫓というよりは
長岩城前にある道を監視する物見櫓だろう。
さすがにあんな断崖絶壁から侵入する敵兵はいないであろう。
いたら、全国に多々ある高石垣なんてちょちょいのちょい朝飯前だろうからw



この櫓の先の尾根はこんな感じ。進んだら死ぬ気がします。
引き返します。
画像

景色はバッチリ綺麗なんですけどねー (;゚∀゚)
画像



途中に弓形砲座のある分岐があったので行けるとこまでチャレンジしてみることに。
弓形砲座と言えば、行く道が相当危険と有名ですが、どの程度危険なのか....
画像


石塁が積まれてある尾根(なぜ?ここに石塁を積む意味がわからない)を進んで....
画像


弓状砲座に向かう分岐発見したが....はっけん....しt.....

無理だろ。コレー!!!危険ってどころじゃないよ?
思いっきりDEATHだよ?
通ったら死神ついてくるよ?

遠目から写真だけ撮りました。
こちらです。
はい。無理です。
画像



大人しくはしご降りて戻ります。



陣屋まで戻ったら陣屋から向かって左側に行くと石塁、洞窟、馬場などがある曲輪があります。
移動!


石塁
画像

画像



洞窟
画像


馬場
馬場というには斜面だし、山の上だし、本当に馬場でいいんだろうか....
画像



こっちには竪堀も何本か入ってます。
画像


あと、上のウドと下のウドっていう場所があるはずなんですけど....


上のウドの看板発見!
え?こっち?
こっち急斜面なんですけど?こっちなんですか?
画像


画像


行って...行ってみる...か....

ずしゃあああああああ!!!
降りるというか滑り落ちるというか (; ^ω^)


.....そして下に降りても上のウドの場所はわからず。若干迷子ww

麓までなんとか降りてきてみたら、そこには立派な石垣が!!!
なにこれー!!!
画像

画像

画像


石塁の造りとちゃうから多分おそらく後世のものだろうなー。
しかし立派だ!


全部回りきれてないですが、だいたい回れたかなー。

誰か上のウドと下のウドの行き方教えて下さいw
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

九州の城館と史跡紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる